質問その1  脊柱への施術って、あぶなくないですか。

施術をする際に、まず背骨の状態を触診いたします。
触って硬く、動きの悪いところ、からだにダメージを与えているところをチェックします。
動きを検査し、動きのない方向と反対方向にごく軽い圧を掛けて緩むのを待ちます。
脊柱への施術は、基本このやり方で行います。

梃子の原理で骨をボキッと鳴らす、いわゆるスラストは用いません。

首(頸椎)も、同様、スラストを用いません。
左右に回して検査し、より動くほうにじっくりゆるめるだけです。

単に相対的に弱い力を用いるから、安全安心ということではありません。
誇張法は、検査によって動きのある方向を見極め、柔らかな圧とゆっくりとしたスピードで施術します。
まさしく感覚とスキルに支えられて行う療法です。


質問その2  力を使わず、「手を当てるような施術」で関節が動くんですか。

誇張法は、あるかなきかという圧で調整しますが、わずかでも余分な力が入りますと、かえってからだが抵抗してゆるみません。

誇張法による施術は、むしろ力を抜けば抜くほどいい!のです。
最初のうちこそ触られているぐらいにしか感じ取れませんが、圧が浸透するにつれてからだがゆるんでいきます。

これって気功ですか、とよく聞かれます。
もちろん、気功ではありません。
医学解剖学に裏付けられた療法であり、感覚とスキルに支えられた手技療法です。


質問その3  強く押したり揉んだりしてもらうほうが、気持ちいいんだけれど。

例えばマッサージでは、筋肉を直接押したり揉んだりします。
凝っていればいるほど、「痛いけど気持ちいい!
」と感じます。
コリがほぐれ、血流が良くなって、とてもすっきりします。
ただ、問題は効果が一時的であったり、揉み返しが起きたりすること、からだがマッサージ慣れし硬くなってより強い力が必要になることです。 
また、押されたり揉まれたりが苦手の方、ストレスを感じる方や、アザができやすい方、あるいは骨粗しょう症の方などには、おすすめできません。

それに対して誇張法は、骨格の変異を極めて柔らかな圧で調整していくことでからだがゆるみます。
痛いけど気持ちいいというのはありませんが、ごく自然にからだの緊張がほぐれ、血流も良くなってポカポカしてきます。
マッサージなどとは違った意味で、とても気持ちいいんですよ。
術後も、スッキリさわやかです。

マッサージや指圧になじんでいる方は、そのイメージをいったん脇においてお受けください。
何より誇張法の本領は、単にソフトで気持ちいいということではありません。
優しく柔らかな技法ではありますが、その圧は驚くほどからだの奥深く浸透し、緩めるのです。
からだに動きがつき、バランスが調うことで、からだが本来の状態、働きを取り戻します。
よって症状の本格的な改善につながるということなのです。


質問その4  首がこっているので、首だけやってほしい。

オステオパシーでは、からだを一つのユニットとしており、全身調整が基本です。
当院のコースも、「ゆったり全身調整コース」のみです。
肩こりコースとか腰痛コースとかいった、部位によるコースの分け方はいたしておりません。

からだは各部位が相互につながっており、かつバランスを取っております。
痛みや症状のある部位だけを施術しても、らちがあかないケースが多いのはそのためです。

当院では、脊柱を中心に調整し、からだ全体のバランスを取るよう努めております。


質問その5   ゆったり調整コースは、どうして時間が掛かるんですか。

前にも述べたように、誇張法は微弱な圧で時間を掛けてゆるめていきます。
脊柱全体を調整し、バランスを取ってゆきます。
しかしながら、からだの状態により緩み方が異なります。
早くても遅くてもからだが緩まなければ話になりません。
できるだけスピーディーに行うよう心がけますが、何とぞご理解願います。


質問その6  健康保険は使えますか。

申しわけありませんが、私どもの施術は適用外です。
しかしながら、個々のからだの状態に合わせてきめ細かく調整を行うことができます。
仮に保険が使えたとしても、症状が改善できるノウハウや技術力がなければ意味がありません。


質問その7  着替えは必要ですか。

さしつかえなければ、そのままの格好でかまいません。
リラックスできる格好でおいでください。
スーツやスカートをご着用の方には着替えをご用意いたします。
もちろん、ご自分で用意なさってもかまいません。


質問その8  施術後、どんな注意が必要ですか。

施術後に不快な重苦しい症状が現れることがあります。
私たちは、これを「好転反応」と呼んでおります。
もちろん、何も起きないこともありますが。

しかし、心配なさらないでください。
からだが悪くなったわけではありません。

それらの症状は、これまで抑えられていた機能や感覚が回復し目覚めたために起きるのです。
早ければその日のうちに、遅くとも数日後には、スッキリいたします。

施術後の入浴は、炎症発熱等がなければ、だいじょうぶです。
運動やスポーツも、からだが無理なく動くのであれば、かまいません。
しかし、一番は休息をとることです。


質問その9  妊娠中ですが、施術を受けてもだいじょうぶですか。

誇張法では、特に問題ありません。
むしろ体調がよくなり、脊柱や骨盤の調整により、出産がよりスムーズになります。
なお施術は、座位、および仰向けで行います。

ほかにも、病気で治療中の方(癌患者の方を除く)や薬を飲まれている方でも、施術は可能です。


質問その10  どのくらいのペースで、どのくらいの期間、通院すればいいですか。

ペースや期間は、からだの状態によっていろいろです。
1〜2回ほどで改善することもありますが、長く掛かる場合もあります。

症状が落ち着き、からだの状態が安定するまで、根気よくおいでください。

しかしながら、中にはマイペースで施術を受けたいという方もいらっしゃるかと思います。
強制はいたしません。


質問その11  ふだんの生活でどんな点に気をつけたらいいですか。

ふだんの姿勢として背中を丸めないよう心がけてください。

背中を丸めた姿勢を続けていますと、背骨の生理的なカーブが消失して、首、肩、骨盤、上下肢など、全体のバランスがくずれます。さらにからだのあちこちに無理が生じて故障しやすくなります。

また、背中を丸めた姿勢は、脳や脊髄をおおっている硬膜に緊張をもたらします。硬膜は頭蓋骨、脊柱を経て仙骨へとつながっております。
頭痛や腰痛などの症状を引き起こす原因となるのです。

さらには、からだが前方へ屈むことにより、呼吸が浅くなったり、内臓の働きにも影響が出ます。

デスクワークの方や運転士など、座った姿勢が多く背中が丸くなりやすい方は、要注意です。

からだのために身近に簡単にやれる運動として、たとえばウォーキングや健康体操をおすすめします。

からだを動かし、骨や筋肉、肺や心臓など内蔵に刺激を与えていただければ十分です。
脳も活性化します。
決して無理をなさらないでください。毎日少しずつ、続けてください。
「継続は力なり」
続けることで、からだにとって文字通り大きな力になります。

しかしながら、どうもからだがスムーズに動かない、からだが重いと感じましたら、どうぞ当院へお手当てにおいでください。



 

・トップページへ戻る



本文へジャンプ
よくあるご質問